その他

Mac買い替え前にやるべきシステム環境設定の確認【Macセットアップ術#1】

historoid

こんにちには。@historoid1です。

最近Macを新調したので、引越し前に情報を整理しておきます。

Mac買い替え前にやるべきシステム環境設定の確認【Macセットアップ術#1】

設定したいことはたくさんあるので、まずはシステム環境設定のみを整理します。

本記事は個人的なメモのようなものなので、実際のセットアップ時には【セットアップ術#3】以降を参考にしてください。

一般 General

このへんはあんまりこだわりもないのですね。ダークにするくらいです。

デスクトップとスクリーンセイバー

デスクトップ

ダイナミックにしたり、静止画にしたりですね。

スクリーンセイバー

Driftに設定しています。これはお気に入りです。

Hot Corners

Mission ControlとDesktop表示を設定しています。

Dock

Dockは下に設定しています。

Mission Control

設定し直した記憶はありませんが、こんな感じに設定しています。デフォルトかも。

Siri

リモートや学会中にSiriが起動することがあるので、切ってます。

Spotlight

Spotlightで色々検索できるようにしています。すべてチェック。

Privacyの方はとくに設定無し。

言語と地域

デフォルトを英語にしていますが、新しい方のMacでは日本語にする予定です。

なんで英語にしてたかというと、ファイルのパスに日本語が混じっていると、ファイルを開くことができないというバグがあったのです。

あとは24時間表記にしたりですね。

システム言語を英語にすると

書類フォルダはDocumentsと表示されたり、まあ全て英語になります。

使う分には問題ありませんが、アプリを入れると自動的にそのアプリの言語も英語になります。慣れていないアプリを使うと、何が何だか分からなくなります。

なお、アプリ側から言語設定できるものもあります。

最大の欠点はWordやInDesignなどで「ルビを振る」などの機能がそもそもなくなることです。送り仮名をふったりできなくなります。英語にルビなんてありませんからね。

長所は、プログラミングが楽になることです。すべて英語なので「日本語のせいでエラー」というのがなくなります。

通知

基本的に通知は切ってます。Slackやメールだけ通知が来るようにしています。

あとは、アイコンにマークが付くような設定にしています。

Users & Groups

ログインと同時に起動させたいものは以下のとおりです。

  • Dash
  • Docker
  • Slack
  • Fuwari
  • 1Password
  • Karabiner-Elements
  • Bartender 3
  • Alfred 4
  • DeepL
  • Spark
  • Clipy

これはアプリを入れてから出ないと設定できないので、先にアプリをインストールしてください。

Keyboard

⌘ + spaceで言語切替にしています。

修飾キーの変換はKarabiner-Elementsで変更しているので、こちらでは何も設定していません。

あとはユーザー辞書はちゃんとエクスポートしておきましょう!!

Trackpad

この辺もお好みで。

Finderの設定

拡張子をいつでも表示させるようにします。

あとはiCloud上のファイルを消すたびに警告が出ないようにもしています。


historoid

システム環境設定はこんな感じでしょうか。

あんまりいじった記憶がないので、なんとも言えませんね。

つぎはアプリ等をまとめます。

-その他
-

© 2021 historoidのノート